使用するにあたってはすべて自己責任です!

福島原発で働いている人の将来が正直心配です・・・

原発で働く人が心配です。

この前、ネットの求人で福島原発での作業員を募集していましたが、
現場で働いている作業員は大丈夫なんでしょうか。

誰かがやらなくてはならないのですが、被爆も怖いし、あまりにも過酷な仕事なので心配です。
夏になると、被爆している可能性がある時間を少しでも短くしたいために、
全身防護服を着込んで、休憩も取らないで作業しているそうです。
そのために熱中症になって救急搬送される作業員も多いと聞きます。
かつての女優の夏目雅子さんという方を知ってますか?

1985年に白血病で27歳で急死されました。
夏目さんは、1978年にテレビドラマ「西遊記」の撮影ロケのために中国のシルクロードに行ったのですが、
当時のシルクロードは核実験をやっていて、被爆された地だったようです。

夏目さんの病名である白血病は、被爆して6~7年後に発病することが多いと言われています。
もしかしたら、夏目さんも影響を受けていた可能性があるのかもしれません。

また、福島第一原発の元所長も、放射能の影響を受けていたかもしれないと言われていますね。
2010年の秋に受けた人間ドックでは、異常はなかったみたいですが、1年後に食道がんで亡くなりました。

3月11日の原発事故の約9ヵ月後だったということもあり、もしかしたら影響を受けたのかもしれません。
今、福島県にガンの疑いがあったり、既に甲状腺ガンになっている子供が何人もいるそうです。
若い人ほど発症しやすいとも言われているので、かわいそうですね。
それに現在、井戸水が福島原発の下を通っていて、
大量の放射能が海に流れていってるという話題を聞くと、本当に怖くなります。

原発は、再稼動を求める声や、なくした方がいいという声があって難しいですね。
もし完全になくしてしまっても、今ある放射燃料を処理するのに維持費などがかかってしまうし、
次のエネルギー源がないので、すぐに原発を無くした方が良いとは言えないけど。

このような状況の中で、福島原発で働いてくれている人たちには本当に感謝します。
他のエネルギー源の開発を進めていくか、もっと安全な原発施設を作るか・・・など、
今の現状をふまえて、問題が良い方向に進んでいってくれることを願います。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional